取り付けが困難ならカーナビに詳しいプロに依頼しよう

高性能になった機器を購入

女性

利用目的を決めて選ぶ

防犯や事故の正確さを残すために、ドライブレコーダーが急速に普及しています。近年では動画投稿サイトやニュースで事故の瞬間を捉えた映像が公開されるのと同時に、機器の高性能化と低価格化が進んだことで誰でも手に入れやすくなったことから購入者が増えたようです。ドライブレコーダーはメーカーや型式によって性能が大きく変わってくるので、購入する場合は目的を明確にして選ぶ必要があります。単純に走行中の映像を記録して動画投稿サイトにアップするのか、事故の瞬間などを記録して客観的な事実を残すためかなど、利用目的がしっかりしていれば自ずと購入するものも決まってきます。まず、何と言っても必要なのが記録した映像を見るための画質で、解像度が低いと細かい部分を確認することが困難になります。近年で発売されたドライブレコーダーのほとんどは、1920×1080のフルハイビジョンに対応していますが、より精密な映像を求めるなら、これ以上の解像度を検討してみると良いかもしれません。解像度と同時に検討したいのが本体のCMOSセンサーとCPUで、どちらも画質を決めるうえで重要な要素となっています。応答速度などに関与しており、高速走行時に滑らかな映像を残すのに必要なものになります。また、ノイズや逆光、色調にも影響を及ぼすので、高速道路などを走るなら高性能なドライブレコーダーを用意しておくと良いようです。最近のドライブレコーダーにはGPSを搭載し、移動ルートや特定の現場を記録するものや、事故があった際にイベント録画機能によって個別にデータを保存するようなタイプもあります。それらの機能をしっかり見極めておくと、より良いものを選択することができるでしょう。