取り付けが困難ならカーナビに詳しいプロに依頼しよう

愛車を汚れから守る

自家用車

有効期間の長さが魅力です

ガラス系コーティングとは、自動車の艶出しを目的に実施する保護剤の塗布方法です。従来の艶出しにはワックスを利用することが一般的で、作業が手軽で安価なことから広く普及していました。ところが、ワックスは、雨等で簡単に溶け出す欠点があります。ですから、屋外で利用する機会の多い自動車に使用しても、保護効果は長持ちしません。一方、ガラス系コーティングは耐水性能が高く、簡単に流れ落ちる心配がありません。したがって、艶出しの効果が、非常に長持ちします。具体的なガラス系コーティングは、大別して二種類に分けられます。ポリマー剤にガラス繊維を混入させている成分と、ガラス繊維を主体にして有効成分を混ぜ込む成分が代表的な事例です。ポリマー系成分の価格は比較的手軽で、ワックスより艶が長期間維持します。ガラス系成分はポリマー系成分より割高ですが、耐久性能は一層高くなります。現在の様々なコーティング技術のなかで、ガラス系成分の保護効果が最も長持ちします。両者の性能には、様々な違いがあります。しかし、ガラス系コーティングで艶出し効果が長持ちすることは、共通しています。また、車に汚れが付着しても水で簡単に洗い流せるので、車のメンテナンスに必要な手間を大幅に省くことができます。一方で、硬度の高いガラス繊維が混ざっているので、車の耐久性が向上します。そのため、車体に傷がつきにくくなるので、乗り続けても新車同然の状態を維持できる点もメリットです。